LINE@ お得なキャンペーンや新製品情報を配信中☆
オンラインショップ
楽天市場宮地ミュージックオンライン
yahoo
デジマート
Shop Information
アクセス
JR御茶ノ水駅より徒歩6分
JR秋葉原駅より徒歩10分
東京メトロ「淡路町」「小川町」「新御茶ノ水駅」より徒歩1分
>>アクセス・店舗情報

営業時間
11:30〜19:30

定休日
正月休み(1月1〜2日)のみ

TEL:03-3255-3332
FAX:03-3255-0382

 
この記事は2016.08.01 Mondayに書かれたものです。
【希少!】Hohner Pianet N 入荷
大変貴重なHohner Pianet N が入荷しました!
見た目も比較的綺麗で、内部もメンテナンスして良好です😊

「Pianet...聴いたことないなぁ〜」「Hohnerってハーモニカの?」という、ちょっと頭に???が浮かんだ人もいるかもしれません。
楽器の名前は知っているけど、本物見たことない!弾いたことない!って方は多いかと思います。

ここで少しHohner Pianetのお話を〜。
RhodesやWurlitzerがエレピの代表格になる前、エレピと言えばPianetでした。
 

 

Pianetは1960年代初期から1980年代初頭に西ドイツのHohner社によって構築された電気機械式ピアノ。要はエレピですね。
Hohner社で初めてピアノのような鍵盤楽器が作られたのは1958年。Cembaletというもので、家庭用のリードベースピアノとして発売されたそうです。
Hohner社と言えばハーモニカが有名ですが、Cembaletも金属のリードを鍵盤で鳴らすという構造でした。
PianetはそのCembaletを変形させて出来た楽器です。



今回入荷したPianet Nの内部画像がこちら。
鍵盤毎に金属のリードが取り付けられています。鍵盤の先にはゴムチップが付いています。
オリジナルは皮とスポンジが重なったものが付いていますが、劣化が激しく使用出来る状況ではなかったため、専用レプリカ部品のゴムチップに交換してあります。



何も弾いていない時は、リードにそのゴムチップがくっついている状態になります。
鍵盤を弾くと、そのゴムチップはスポッと離れて、その動作がリードを振動させ、その振動をリードの直ぐ近くに立っているピックアップで拾い、アンプで音を増幅させることで音が鳴るわけです。

ハーモニカを息でなく、鍵盤で鳴らそう!という、その発想。
何とも面白いなぁ〜😁と思ってしまいます!



小さな振動のため、あまりサスティーンが長くなく、鍵盤タッチもピアノよりはオルガンに近いような、独特のオン/オフ感があります。そのためなのでしょう、機能としてビブラート&ボリュームペダルが標準装備されています。

豆電球が光っていますが、これはビブラートの回路に使用されており、豆電球がついたり消えたりする光の揺れをセンサーが感知してビブラートがかかります。
光を読み込むため、とても揺れが柔らかみのある特徴的なビブラートです。

しかしながら、この楽器は大変調整に苦労します😭
鍵盤を押してゴムチップが離れるタイミングや力具合の微調整、リードの劣化やサビなどでの質量変化による音バランス調整、ピックアップの位置調整などなど…気の遠くなる作業であったりします😭
この個体は比較的状態が良く安定していたので、 思ったよりも早めに調整が済みました。



今回入荷したのはPianet Nですが、Pianetには他にも蓋なしでスピーカー付きのL、Clavinetとの組合せたハイブリットなDuo(上記写真の上鍵盤)、低価格で可搬性の優れたTなどが有名です。
実際はどんな音が鳴るのだろうか… ハーモニカならキンキンとした音色なのか…気になりますよね😉?!
独断で個人的にお勧め3曲をご紹介しますので、是非皆様youtubeで検索してみてください!
(※大人の事情で動画添付出来ませんのであしからず😣)
 

 

 

 

The Beatles - Am The Walrus
マジカル・ミステリー・ツアーに収録されている、サイケデリック感満載の楽曲。
曲全体がドップラー効果のようなサイレンがベースになっていますが、最初のイントロの救急車チックな音、あれがPianetです。
曲をとても印象づける音色ですね。Anthology 2のバージョンもまた良いです。
話は変わりますが、途中のメロトロンの入りは本当にグッときますね。
 
Grand Funk Railroad - We're An American Band song
彼の楽曲で最も有名な、全米NO.1ヒット曲でもあるロックなこの曲。
裏で「ピッピッピッピッ」とリズムを刻んでいるのが、Pianetです。PVでは要所要所に少しですが、Pianetがちゃんと写っています。N型ですね。
 
The Zombies - She's Not There

全編でPianetが使用されていて、Pianetの音色の良さが全面に出ている楽曲。

個人的には特にソロ入り時の音色が堪りません!かっこいい〜!
モノクロのPVがありますが、キーボードソロでも鍵盤部分は映らず、遠巻きに映ったフォルムからすると「VOXオルガンを弾いている?」ように見えるので、映像はどうやら当て振りのようです。

宮地楽器Wurly's!店内にてご試奏可能です!
是非一度本物を弾いてみてください😊

tammy


Hohner/Pianet N 432,000円 (税込)
 
宮地楽器 エレクトリック ピアノ ガレージ Wurly's! Tel : 03-5256-8181
 
お問い合わせフォーム






  • dekoni audio
  • isovox
  • cla10