LINE@ お得なキャンペーンや新製品情報を配信中☆
オンラインショップ
楽天市場宮地ミュージックオンライン
yahoo
デジマート
Shop Information
アクセス
JR御茶ノ水駅より徒歩6分
JR秋葉原駅より徒歩10分
東京メトロ「淡路町」「小川町」「新御茶ノ水駅」より徒歩1分
>>アクセス・店舗情報

営業時間
11:30〜19:30

定休日
正月休み(1月1〜2日)のみ

TEL:03-3255-3332
FAX:03-3255-0382

 

記事を検索

categories

selected entries

profile

書いた記事数:540 最後に更新した日:2019/09/09
この記事は2013.07.18 Thursdayに書かれたものです。
 8月 Wurly's!セミナー情報

画像 004.jpg

8/4(日) Rhodes チューニングセミナー

エレピファン必見!
Rhodes
の実機を使用した本格チューニングセミナー!
発音構造やチューニング実演、エレピのお悩み相談など、
専門店ならでは、盛りだくさんの内容となっております!


【日程】8/4(日) 11001300 / 15001700

【場所】Wurly's!店内
【定員】各枠3
【料金】3,150円 テキスト配布 ※必要な
工具、部品等はこちらでご用意いたします。

【内容】

・調律の基礎
Rhodes/Vintage Vibeの構造、チューニング方法
・実技:Rhodesを1台チューニング
・その他、お悩み相談など
*当日は一人1台、練習用のRhodes Stageをご用意!*



8/18(日) Wurlitzer 分解セミナー


味わい深く、優しくも時にファンキーなサウンドで私達を魅了するピアノ、Wurlitzer。

ですが、その内部と構造は意外にも良く知られていません。

今回のセミナーはそんなWurlitzerの内部構造をスタッフが分解して解説。

チューニングの仕方やアクションの構造、楽器の状態を維持する為のノウハウ等、

Wurlitzerを所有する上で心配な事を分かり易く解説します!

【日程】8/18(日) 15:0017:00
【場所】Wurly's!店内
【定員】5名
【料金】1,500円 テキスト配布  
【内容】
・Wurlitzerの歴史とモデルの変遷

・アクション構造の解説。

・音を鳴らす仕組み。

・メンテナンスの方法とアクション調整の解説。

・トラブルシューティング

(コチラのセミナーは練習用のWurlitzerはございません。スタッフが分解し、解説を致します。)





8/25(日) Rhodes サウンド・セッティングセミナー

Rhodesのサウンドをあなたの手で操ってみませんか。
「もうちょっとコロッとしたサウンドにしたい…」

「ちょっと歪んだサウンドが好みなんだけど…」

お好みのサウンドへ近づく"もう一歩"を専門店スタッフが

レクチャーします!

【日程】8/25(日) 11:00〜13:00 / 15:0017:00
【場所】Wurly's!店内
【定員】各枠3名
【料金】3,150円 テキスト配布  必要な工具、部品等はこちらでご用意いたします。
【内容】
・音色調整の基本、Rhodesの構造
・タインの調整によるサウンドセッティング
・ピックアップによるサウンドセッティング
・その他、お悩み相談等
当日は一人1台、練習用のRhodes Stageをご用意!*



お申し込みは、お電話または下記のお申し込みフォームよりお願いします。



中古 Vintage Piano (ヴィンテージ ピアノ) 、
Rhodes(ローズ)、Wurlitzer(ウーリッツァー)のことならお任せください。
在庫多数取り揃えております。

レストア、修理、メンテナンス、パーツ販売、買い取り、下取り
なんでもご相談ください。

お問い合わせはこちらまで

宮地楽器 エレクトリック ピアノ ガレージ Wurly's!
Tel : 03-5256-8181
Web :
http://www.miyaji.co.jp/Wurlys/
お問い合わせフォーム

https://www.miyajimusic.com/form/PCForm_cojp.php?a=81&j=FJ_N_wurlys

お問い合わせフォーム




こんにちは〜Wurly's!スタッフのTammyです

「Waldorf Zarenbourg Exhibition Live」に引き続き、7/15(祝)に行われた
【アドリブのイロハ!第一講「コードとスケールのイロハ!」】
レポートをお送りします


このセミナーは【アドリブ初心者のための新講座】として企画
理論、演奏技法の解説はもちろん、日々のトレーニング方法やスキルアップのコツなど
「イロハのイ」からジャンル別に徹底解説する講座シリーズです

今回はその記念すべき、第1講目



有難い事に予定の定員いっぱいまでお申込みを頂きましたありがとうございます
講師は「アーティスト研究」の講師でお馴染みの、別所和洋氏



「基礎の基礎から」と言われてもピンとこない。。。という方のために、
別所氏はまずこれから勉強する事はどの位置にあるのか、
コードとスケールを学ぶと何につながるのか等、詳しく目指す方向を説明して下さいます。

音楽は「作曲」と「演奏」に分けるとすると、アドリブは「作曲」と「演奏」の一部が重なり、
音楽理論が大きく関わってきますが、今回勉強する「スケール」「コード」はこの部分になるとの事



『音楽』には「調性のある音楽」と「調性のない音楽」があり、
今回は「調性のある音楽」を基本とするお話からスタート

まずは【調性】―【コード】−【音】の概念を基に、音と音の距離である【音程】の基礎を解説。

【音程】ってよく使いますが、それって何を指しているのか???
トニック(主音)とルート(根音)の違いなどを踏まえながら、説明して下さいます。



音程を確認する際、スケール間のことなのか、コード間のことなのか。。。
この部分をハッキリさせておかないと、何の話をしているのか見えなくなるので要注意

要所要所で別所氏が「今の話で分からない部分ありますか?」と声かけをして下さり、
「さっきの部分をもう一度!」との声も上がったりして、受講者のペースを大事にしてくれてました

調性と和音の区別がつくと、同じコードでもキーが違うと聞こえ方が変わってくる事に気づけます



基礎が分かったところで、続いては「機能和声」についての解説へ。

「Let it be」の始め部分のコード進行を参考に、和声機能を上手に使って、
別のコードでどう機能していくのか、関係性を見ていきます。
アドリブを入れる際のコードも、これが分かると違ってきますね

ここまでくると、だいぶ曲全体の流れをくみ取れるようになってきます



最後に「BODY & SOUL」を題材に、曲の調性や和声機能を分析していきます。
楽譜が配られ、別所氏が自ら弾きながら、説明して下さいます。

順を追って話を聞いてきたので、今までただの記号と見えていたものが、
全体でどの役割にいるのか徐々に理解出来るようになっている、この不思議

学んできた流れと違った例外箇所もこの曲には出てきますが、その例外はなぜ起こるのか、
そのメカニズムまで本日は解説して下さり、講座は終了。


約2時間のセミナー、ぎゅ〜っと濃い時間となりました
今回は『スケールとコード』がメインでしたので、アドリブの項目は少なかったですが、
今後ジャンル別の講座で困らない基礎が学べた内容となりました

ご参加頂いた皆様、誠にありがとうございました


次回以降も続々と講座を開催いたします
日程は下記の通りです。

8月24日(土)
11:00〜12:30  第二講 華麗に弾きこなす!Jazzフレーズのイロハ!(初級編)
14:00〜15:30  第三講 哀愁漂う!Bluesフレーズのイロハ!(初級編)


9月21日(土)
11:00〜12:30  第四講 世界観を作り出す!Electroフレーズのイロハ!(初級編)
14:00〜15:30  第七講 世界観を作り出す!Electroフレーズのイロハ!(上級編)


詳細
http://miyaji-wurlys.jugem.jp/?eid=317

事前予約制。1講義の参加費:3,150円。
ご興味のある方は是非スタッフまで

宮地楽器 エレクトリック ピアノ ガレージ Wurly's!
Tel : 03-5256-8181
Web : http://www.miyaji.co.jp/Wurlys/
お問い合わせフォーム
https://www.miyajimusic.com/form/PCForm_cojp.php?a=81&j=FJ_N_wurlys
お問い合わせフォーム




Waldorf Zarenbourg.jpg


話題のピアノ Waldorf  Zarenbourg がついにWurly's! に本格上陸!
店頭にてご自由にお試しいただけます!

7月9日(火)〜15日(月・祝) まで!

店頭展示品の導入も決定いたしましたが、
まだ到着までお時間がありますので、
是非、この機会に一足早くお試しになってみて下さい!

さらに
最終日の7月15日(月・祝)には

Waldorf Zarenbourg
Exhibition Live  in Wurly's!
 

と題しまして、店頭にて生演奏&デモンストレーションを開催いたします!

日時:7月15日(月・祝) 12:30〜13:30
場所:Wurly's!店内
入場:もちろん無料!


プレーヤー:別所和洋 from Yasei Collective

今、インディーズ界で話題沸騰のバンド、Yasei Collectiveのキーボーディスト 別所和洋さんによる生演奏で、
Zarenbourgの本当のサウンドと凄みを体感してみて下さい!








中古 Vintage Piano (ヴィンテージ ピアノ) 、
Rhodes(ローズ)、Wurlitzer(ウーリッツァー)のことならお任せください。
在庫多数取り揃えております。

レストア、修理、メンテナンス、パーツ販売、買い取り、下取り
なんでもご相談ください。

お問い合わせはこちらまで

宮地楽器 エレクトリック ピアノ ガレージ Wurly's!
Tel : 03-5256-8181
Web :
http://www.miyaji.co.jp/Wurlys/
お問い合わせフォーム
https://www.miyajimusic.com/form/PCForm.php?a=81&j=FJ_N_wurlys_ite

お問い合わせフォーム




この記事は2013.06.25 Tuesdayに書かれたものです。

Wurly's! 新講義がスタート



宮地楽器Wurly's! と アーティスト研究講師でお馴染みの別所和洋氏が満を持してお送りする、
アドリブ初心者のための講座が遂に始動!
理論、ジャンル、演奏技法の解説はもちろん、
日々のトレーニング方法やスキルアップのコツなど、「イロハのイ」から徹底解説!


第一講 
基礎を固める!コードとスケールのイロハ!

アドリブの第一歩はコードとスケールから!
全ての楽器、音楽に共通するコードとスケール理論を解説!
ピアニスト、キーボーディストはもちろん、ギターリストも大歓迎!

日時:7月15日(月・祝)
    14:00〜16:00
場所:Wurly's!地下スタジオ
定員:15名
料金:第一講 のみ 無料!

ご予約:
お電話  03-5256-8181
WEB↓






ジャンルで弾きこなす!アドリブのイロハ!


〇「イロハのイ」からしっかり解説
ピアノに関わらず、全ての音楽に共通する基礎理論から、音楽ジャンル別の理論まで!

〇ジャンル別による集中講義
Jazz / Blues / Electro のジャンニ分かれた集中講義!

〇スキルに合わせた受講スタイル
スキルに合わせて「初級編」と「上級編」を選択!


【カリキュラム】

第一講 基礎を固める!コードとスケールのイロハ!
ピアノからギターまで!全ての音楽に共通するコード理論とスケール理論を解説!

第二講 華麗に弾きこなす!Jazzフレーズのイロハ! 初級編
ゆっくりなフレーズ、簡単なフレーズの作り方、「ジャズっぽさの要素とは?」を解説!

第三講 哀愁漂う!Bluesフレーズのイロハ! 初級編
ゆっくりなフレーズ、簡単なフレーズの作り方、「フレーズの引き出しを増やすためには?」を解説!

第四講 世界観を作り出す!Electroフレーズのイロハ! 初級編
ゲストに音楽プロデューサーの三宅優さんを迎え、「Electroフレーズとは何か?」を解説!

第五講 華麗に弾きこなす!Jazzフレーズのイロハ! 上級編
より難しいフレーズを弾きこなすためには?、アウトフレーズの構造 などを解説!

第六講 哀愁漂う!Bluesフレーズのイロハ! 上級編
複雑なフレーズの作り方、「フレーズの引き出しの使い方」 などを解説!

第七講 世界観を作り出す!Electroフレーズのイロハ! 上級編
ゲストに音楽プロデューサーの三宅優さんを迎え、Electroフレーズの構造 などを解説!

第一講のみ 1回120分 無料!
第二講〜   1回90分 3,150円


今後の日程】

7月15日(月・祝)
14:00〜16:00  第一講 基礎を固める!コードとスケールのイロハ! 

8月24日(土)
11:00〜12:30  第二講 華麗に弾きこなす!Jazzフレーズのイロハ!(初級編)
14:00〜15:30  第三講 哀愁漂う!Bluesフレーズのイロハ!(初級編)

9月21日(土)
11:00〜12:30  第四講 世界観を作り出す!Electroフレーズのイロハ!(初級編)
14:00〜15:30  第七講 世界観を作り出す!Electroフレーズのイロハ!(上級編)










中古 Vintage Piano (ヴィンテージ ピアノ) 、
Rhodes(ローズ)、Wurlitzer(ウーリッツァー)のことならお任せください。
在庫多数取り揃えております。

レストア、修理、メンテナンス、パーツ販売、買い取り、下取り
なんでもご相談ください。

お問い合わせはこちらまで

宮地楽器 エレクトリック ピアノ ガレージ Wurly's!
Tel : 03-5256-8181
Web :
http://www.miyaji.co.jp/Wurlys/
お問い合わせフォーム
https://www.miyajimusic.com/form/PCForm.php?a=81&j=FJ_N_wurlys_ite





お問い合わせフォーム




こんにちは〜。
Wurly's!スタッフのTammyです

先日6月15日(土)に開催されましたセミナー
村松健 Keyboard Player's Seminar
マルチキーボーディストへの道

第二回の今回は。。。
【Electric Piano 公開レッスン】と
【Electric Piano ライブ&セミナー】の2本立てでした

今日は当日の模様をレポートしたいと思います



まずは【Electric Piano 公開レッスン】から
「公開レッスン」というのは、個人で村松健さんにレッスンを受けながら、
他の受講者も一緒に拝見出来るというもの。

今回はなんとベーシスト安藤さん・ドラマー森さんも公開レッスンから
参加して下さいました
プロの方がバックを弾いて下さるなんて・・・贅沢ですね〜

健さんからご挨拶+メンバー紹介があった後、早速レッスンへ



受講者は各自自分の習いたい曲の楽譜を持参し、まずは全体像を掴むため、
1曲通して弾いて頂きます。
その演奏を参考に、健さんがその方のレベルや状況に合わせて、上達のポイントを伝授



「手詰まり感・中だるみ感を払拭するには・・・」
「エレピでペダルを上手に使用するには・・・」
「左手と右手、両方が独立しないためには・・・」
「歌のリズムが、鍵盤のリズムに引っ張られないためには・・・」
「リズム練習のコツは・・・」
「1曲をどう捉えて弾くと良いかというと・・・」などなど。。。

様々なポイントを健さんが事細かに噛み砕いて、丁寧に指導して下さいました
公開レッスンだからこそ、自分のレッスンではきかなったアイデアやコツなども
知る事が出来て、かなり盛りだくさんな内容になっていました
公開なので緊張する部分もありますが、それ以上の収穫が必ずありますよ



公開レッスン終了後、19:00〜はお待ちかねの【Electic Piano ライブ&セミナー】
Wurly's!店舗の隣にある、宮地楽器ZIPPAL HALLにて行われました。



ライブ&セミナーときいて「それってなんだろー?」と思われた方もいるかもしれません。
ライブでもありセミナーでもある。。。そう、それが「ライブ&セミナー」です(笑)


村松健さんにピアノトリオにおけるエレクトリックピアノの役割やアレンジ術などを
公開・解説して頂くのですが、言葉だけだと分かりずらいかな???という事で・・・

それならピアノトリオでお越し頂いて、
『本当のステージ上で、ライブ実践を通して解説する』
のが一番良いに違いないと考え、企画したものであります


ライブとしてプロのピアノトリオ演奏が聴け、またセミナーとしてのアレンジ術も学べ、
また健さんのトークも聞ける。。。なんとも良いとこどり



1曲ずつピアノトリオで演奏をして、そのあと曲のアプローチ方法を健さんが解説
曲によっては再度弾いて下さり、お客様に聞き比べをさせて下さいました。

取り上げられた曲は、JAZZ曲「A long afternoon」「Fazdeconta」、
村松健さんの曲「Free style」「希望のへさき」など。



「トリオで曲全体を通して音楽が流れていくためには・・・」
「ベースとエレピの絡み方やアレンジの仕方とは・・・」
「アレンジメントだけでなく、楽器隊それぞれのプレーで変化させるには・・・」
「曲中のエレピのセクション部分とは・・・」
「1つの楽器のみが変化していく場合は・・・」
「エレピ音(音色や残響など)の上手な使い方は・・・」
「ベースソロの盛り上げ方は・・・」などなど。。。

実際にその場でトリオで即演奏して下さるので、音のニュアンスや変化がよく分かります。
そしてプロの演奏をこんな近くで観れる事に感激
健さんが優しく語りかけながらすすめて下さり、ライブともまた違った空気で、
ステージと客席との距離がすごく近く感じました。
鍵盤が観客に向けてあり、健さんの鍵盤タッチもバッチリよく見えました



本編終了後、健さんが『質問コーナー』を設けて下さいました
「アイコンタクトはどんなタイミングで使っているのか?」
「エレピの音色を作るエフェクターはどう使用しているのか?」
などの質問があがっていました。



最後に運営から「何か最後に1曲。。。」という無茶ぶりをしたのですが、
快く引き受けて下さり「Summer Sanba」を演奏して下さり、イベントは終了

ご参加頂いた皆様、ありがとうございました
次回は9月中旬を予定しております。乞うご期待


宮地楽器 エレクトリック ピアノ ガレージ Wurly's!
Tel : 03-5256-8181
Web : http://www.miyaji.co.jp/Wurlys/
お問い合わせフォーム
https://www.miyajimusic.com/form/PCForm_cojp.php?a=81&j=FJ_N_wurlys
お問い合わせフォーム




この記事は2013.05.29 Wednesdayに書かれたものです。
6月 Wurly's!セミナー情報

6/9(日) Rhodes チューニングセミナー

CIMG0736.JPG
エレピファン必見!

Rhodes
の実機を使用した本格チューニングセミナー!
発音構造やチューニング実演、エレピのお悩み相談など、
専門店ならでは、盛りだくさんの内容となっております!



【日程】6/9(日)11001300 / 15001700
【場所】Wurly's!
定員】各枠3
【料金】3,150円 テキスト配布
※必要な工具、部品等はこちらでご用意いたします。

【内容】
・調律の基礎
Rhodes/Vintage Vibeの構造、チューニング方法
・実技:Rhodesを1台チューニング
・その他、お悩み相談など

*当日は一人1台、練習用のRhodes Stageをご用意!*


6/23(日) Wurlitzer 分解セミナー

CIMG0662.JPG
味わい深く、優しくも時にファンキーなサウンドで私達を魅了するピアノ、Wurlitzer。ですがその内部と構造は意外にも良く知られていません。

今回のセミナーはそんなWurlitzerの内部構造をスタッフが分解して解説。チューニングの仕方やアクションの構造、楽器の状態を維持する為のノウハウ等、Wurlitzerを所有する上で心配な事を分かり易く解説します!


【日程】6/23(日) 15:0017:00
【場所】Wurly's!店内
【定員】5名
【料金】1,500円 テキスト配布  

【内容】
・Wurlitzerの歴史とモデルの変遷
・アクション構造の解説。
・音を鳴らす仕組み。
・メンテナンスの方法とアクション調整の解説。
・トラブルシューティング

(コチラのセミナーは練習用のWurlitzerはございません。スタッフが分解し、解説を致します。)


お問い合わせフォーム




この記事は2013.04.02 Tuesdayに書かれたものです。
 4月 Wurly's!セミナー情報

4/7(日) Rhodes チューニングセミナー

エレピファン必見!
Rhodes
の実機を使用した本格チューニングセミナー!
発音構造やチューニング実演、エレピのお悩み相談など、
専門店ならでは、盛りだくさんの内容となっております!


【日程】4/7(日) 11001300 / 15001700

【場所】Wurly's!店内
【定員】各枠3
【料金】3,150円 テキスト配布 ※必要な
工具、部品等はこちらでご用意いたします。

【内容】

・調律の基礎
Rhodes/Vintage Vibeの構造、チューニング方法
・実技:Rhodesを1台チューニング
・その他、お悩み相談など
*当日は一人1台、練習用のRhodes Stageをご用意!*




4/21(日) Rhodes サウンド・セッティングセミナー

Rhodesのサウンドをあなたの手で操ってみませんか。
「もうちょっとコロッとしたサウンドにしたい…」

「ちょっと歪んだサウンドが好みなんだけど…」

お好みのサウンドへ近づく"もう一歩"を専門店スタッフが

レクチャーします!

【日程】4/21(日) 11:00〜13:00 / 15:0017:00
【場所】Wurly's!店内
【定員】各枠3名
【料金】3,150円 テキスト配布  必要な工具、部品等はこちらでご用意いたします。
【内容】
・音色調整の基本、Rhodesの構造
・タインの調整によるサウンドセッティング
・ピックアップによるサウンドセッティング
・その他、お悩み相談等
当日は一人1台、練習用のRhodes Stageをご用意!*


4/27(土) Vintage Vibe 構造分析セミナー


2012年に誕生したVintage Vibe Tine Piano。
何が受け継がれ、何が新しくなったのか。
Rhodes , Wurlitzer と構造、サウンドを比較しながら、そのすべてを大解剖。
Vintage Vibeが持つサウンドと構造の秘密を、
Rhodes / Wurlitzerの歴史を振り返りながら紐解いていきます!
また、Tine Pianoが持つチューニング、サウンド・メイクの方法や、鍵盤タッチの秘密を解説!
これを知れば、Vintage Vibeがあなたの音楽人生を彩る一台になるでしょう!
お見逃しなく!

【日程】4/27(日) 11:00〜13:00
【場所】Wurly's!店内
【定員】6名
【料金】1,050円 テキスト配布  

4/27(土) Wurlitzer 分解セミナー


味わい深く、優しくも時にファンキーなサウンドで私達を魅了するピアノ、Wurlitzer。

ですが、その内部と構造は意外にも良く知られていません。

今回のセミナーはそんなWurlitzerの内部構造をスタッフが分解して解説。

チューニングの仕方やアクションの構造、楽器の状態を維持する為のノウハウ等、

Wurlitzerを所有する上で心配な事を分かり易く解説します!

【日程】4/27(日) 15:0017:00
【場所】Wurly's!店内
【定員】5名
【料金】1,500円 テキスト配布  
【内容】
・Wurlitzerの歴史とモデルの変遷

・アクション構造の解説。

・音を鳴らす仕組み。

・メンテナンスの方法とアクション調整の解説。

・トラブルシューティング

(コチラのセミナーは練習用のWurlitzerはございません。スタッフが分解し、解説を致します。)











お問い合わせフォーム




この記事は2013.04.02 Tuesdayに書かれたものです。
こんにちはurly's!店員のTammyです

今日は3/31(日)に行われました
『アーティスト研究〜Frank McComb(フランク・マッコム)〜』セミナーレポートをお送りします

講師は毎度お世話になっております別所和洋氏
いつも分かり易い説明と気さくな雰囲気でセミナーをすすめて下さいます。

今回取り上げた課題曲は『Left Alone』
楽譜は「曲全体のリードシート」「イントロパート」「ソロパート」が配布されました。
まず最初に、映像を交えながら、曲の全体像を確認していきます

イントロの入りでちょっとひっかけがあり、要所要所でリズムが変わり、
6度の響きが多用されている事でより浮遊感を気持ちよく出しています。

私は4/4→3/4→5/4→4/4に拍子が変わる部分で一瞬音を見失いましたうがー。
また、その後のソロパートは本当に圧巻
別所氏より「今までやってきたアーティスト研究で、一番難解かも」との一言が
これはやりがいがありますね

1つ1つ事細かにコード進行を確認していきます
代理和音、ブルーノート、同主調、平行調、転調、などなど。。。
それらをどのように意図して使用しているのか考察します。

そしてついにソロパートに突入
映像を細かく割って見ながら、フレーズ毎に分析します

ソロ入りでフランク・マッコムがスキャットの様に歌いながらソロを弾くのですが、
ここ何ともかっこ良いこれこそ彼の神髄のように思います
ボーカルとしての才能が、微妙なアウト感のあるソロを生んでいるのでしょうね。

また、その才能はリズム感にも滲み出てきます
ソロでは16分を1拍半で弾くようなポリリズムが入ってきますが、
理論で考えて正確に合わせるというより、感覚や視覚で整合性を保ちながら合わせているように感じます。
どこからでもポリリズムに入っていけるリズム感は脱帽ですね

ソロパートの後はイントロパートを分析し、ひとまずセミナーは終了
休憩を挟んで、続いては公開レッスンへ

「アレ?」っと思った方、なかなか通ですね。手前側にあるのはClavinet D6 
今回特別にご用意しました

リズムがかなりシビアになるClavinet。
公開レッスンでは、ソロパートの分析でも話題に上がった、ポリリズムを取り入れた
リズム練習をメインに実施しました。
16分を刻みながら、9連・7連・5連・3連などを織り交ぜて、右手左手の拍子を変え、
2台で弾いていきます。。。くー、難しそう
何度も繰り返し繰り返し弾いていくうちに、参加者の方も徐々に慣れて、
弾きこなしてらっしゃいました


以上、セミナーレポートでした。
「あああ〜参加したかった〜」「もっと深い理論が知りたい」なんて方は、
宮地楽器神田教室で別所氏の個人レッスンも受けられます
詳細→http://www.miyaji.co.jp/Wurlys/lesson.php


5月からは新たなセミナー開催予定詳細は近日HPにて追って発表します


宮地楽器 エレクトリック ピアノ ガレージ Wurly's!
Tel : 03-5256-8181
Web : http://www.miyaji.co.jp/Wurlys/
お問い合わせフォーム
https://www.miyajimusic.com/form/PCForm_cojp.php?a=81&j=FJ_N_wurlys
お問い合わせフォーム




この記事は2013.03.30 Saturdayに書かれたものです。



 アーティスト研究
〜Frank McComb (フランク・マッコム)〜

スティーヴィー・ワンダーやダニー・ハザウェイを彷彿させるソウルフルで洗練された歌声に、
ジャズ素養を覗かせるキーボード・プレイとジャジー&メロウなサウンド、そして力強いパフォーマンス。
シンガーとしてはもちろん、エレピ奏者としても注目度急上昇のFrank McCombを
じっくり研究、分析していきます!


日時:3月31日(日) 
セミナー 13:00〜15:00 / 合同レッスン15:30〜17:30
場所:宮地楽器Wurly's!地下スタジオ
定員:10名
料金:4,200円
(セミナー+合同レッスンの料金です。セミナーのみでも同じ!)
講師:別所和洋(詳しくはこちら→http://www.miyaji.co.jp/Wurlys/lesson.php





アーティスト研究 13:00〜15:00
Frank McCombの楽曲を取り上げながら、彼のフレージングの特徴を、全体を構成するコード進行の側面とソロパートを構成するスケールの側面から徹底的に分解し、研究をしていきます。
・コード進行の特徴
・スケールのアプローチの仕方
・Frank McCombらしいフレーズ作り
Etc…

ワークショップ 15:30〜17:30
日頃、練習やバンド・セッション、レコーディングでエレピの音色を使用している中で抱いている疑問や不安を徹底検証!譜面持込によるレッスンも大歓迎!エレピへの不安を全て払拭しましょう!
Ex)
・バンドで音を際立てせたい!
・この譜面が弾きたい!
Etc…









Frank McComb



お問い合わせフォーム




 こんにちは!
Wurly's!スタッフのヤナギダです。

さて、
先日3月16日に開催されましたセミナー

村松健 Keyboard Player's Seminar
マルチキーボーディストへの道
〜マンネリを打破する!楽器別演奏法のススメ〜

その第一回 Electric Piano のレポートをお送りいたします!

CIMG3119.JPG

14時からスタートしましたセミナー。
まずは自己紹介もかねて、
受講者の皆様が疑問に思っている点やセミナーで聴きたいと思っていた点などを
村松健さんへ直接お話ししていきます。

本日は
よりジャズの雰囲気を作り出していくコードの作り方、
それに伴ったエレピ独特のコード展開の仕方、
さらに、そのコード進行にソロをつけていくために注意しておくべき点
がお話の中心となっていきました。


まずはエレピのイントロが有名な曲を用いてセミナーはスタート!

CIMG3128.JPG

エレクトリックピアノは、
他の楽器に比べるとサスティーンが長く、倍音成分も多いため、
コードネームに忠実に演奏をしているとサウンドがぶつかってしまう危険性があります。

その問題を解決するためには、
コードから音を抜かなければなりません。
どの音を抜いていくのか。
ジャズ風にアレンジしていくには、どのテンションを加えて行けばいいのか。
非常に興味深いお話が続いて行きます。

さらに、コードの展開が必要になっていきます。
これもまた難しい問題が潜んでいます。
トップノートをどこに持っていくのか。
このトップノートの選択にはソロアレンジの部分が多く影響していきます。
コードの中でのオイシイ部分をトップコードに持っていくのではなく、
あくまでアンサンブルの中でいかに調和していくのか、
トップノートとソロパートがぶつからないように、邪魔しないように。。。


CIMG3132.JPG

さて、
コード展開とトップノート、ソロパートの青写真が描きかけたところで、
実際に演奏をしていきます。
ここからは受講者の皆様と健さんのアレンジの意見交換。
受講者がお弾きになったフレーズに健さんがアドバイスとアレンジのコツをお話してくれました。
また、
健さん自身が同じコード進行に対して、
様々なフレーズを付け、それがどのような狙いがあるのか、
何を意識してフレージングしたのかなどを
細かな部分までお話してくれました。

ここまで行くと、
ここからは健さんと受講者の皆様との楽曲製作です。
実際にフレーズが出来上がっていく様子をまじかで見る事が出来、
そこに様々な意見を交換することで参加していく。
とても有意義な時間でした。



CIMG3170.JPG

後半は公開レッスン。
受講者の皆様は、練習中の譜面や楽曲をお持ちになり、
それを披露し、健さんからアドバイスとコツをお話頂きました。
リズムの取り方やペダル遣いなど、
アコースティックピアノにも共通するような話題や、
エレピ独特の演奏方法など、様々なお話を聞くことが出来ました。

また、
この日も健さんのツアーやレコーディングに帯同しているベーシスト 安藤浩司さんがお越しになっていたので、
レッスンの最後は恒例のセッションタイム。
受講者の皆様がエレピ、安藤さんがベース、健さんがパーカッションを担当し、
今回のレッスンの成果を披露していきました。
今回はボサノバ調の楽曲が多く、ラテンの風が吹いてきそうな雰囲気でもありました。
健さんもノリノリでした。

CIMG3175.JPG

これにて
マルチキーボーディストへの道 第一回は終了いたしました。

受講者の皆様も非常に笑顔が多く、健さんの大らかで優しい人柄が映し出されたような、
ゆったりと安心感のあるセミナーです。
次回は6月15日(土)を予定しております。

詳細はもう少々お待ちください!










中古 Vintage Piano (ヴィンテージ ピアノ) 、
Rhodes(ローズ)、Wurlitzer(ウーリッツァー)のことならお任せください。
在庫多数取り揃えております。

レストア、修理、メンテナンス、パーツ販売、買い取り、下取り
なんでもご相談ください。

お問い合わせはこちらまで

宮地楽器 エレクトリック ピアノ ガレージ Wurly's!
Tel : 03-5256-8181
Web : 
http://www.miyaji.co.jp/Wurlys/
お問い合わせフォーム
https://www.miyajimusic.com/form/PCForm.php?a=81&j=FJ_N_wurlys_ite


お問い合わせフォーム




| main |


  • dekoni audio
  • isovox
  • cla10