LINE@ お得なキャンペーンや新製品情報を配信中☆
オンラインショップ
楽天市場宮地ミュージックオンライン
yahoo
デジマート
Shop Information
アクセス
JR御茶ノ水駅より徒歩6分
JR秋葉原駅より徒歩10分
東京メトロ「淡路町」「小川町」「新御茶ノ水駅」より徒歩1分
>>アクセス・店舗情報

営業時間
11:30〜19:30

定休日
正月休み(1月1〜2日)のみ

TEL:03-3255-3332
FAX:03-3255-0382

 
この記事は2012.07.04 Wednesdayに書かれたものです。
yancy_banner.jpg

日時:7月7日(土) 18:00 OPEN / 19:00 START
場所:宮地楽器Zippal Hall (詳細はこちら
チケット:前売 3,800円 / 当日 4,500円
特設ページはこちら

前売チケットをご予約の方へ、Wurly's!Tシャツをプレゼント!
CIMG0820.JPG
(サイズに限りがありますので、お早めに!)

今回のライブの見どころをご紹介します!

まずは「YANCY」というアーティストの存在です。

経歴はこちら↓
シンガーソングライターとしての活動と並行して様々なアーティストのレコーディングやライブサポートに参加。またアレンジャーやサウンドプロデューサーとしても評価されておりレコーディング作品やCM作品も多数。
ローズ、ウーリッツアー、ハモンド、アナログシンセなどビンテージ楽器のスペシャリストとしても知られている。ルーツミュージックから音響系まで実に幅広い音楽的バックボーンは多くのミュージシャンから信頼を得ている。また、j-popシーンを代表するロックピアノプロジェクト『CRAZY FINGERS』にも初期から参加。
ルーツミュージックとポップスシーンをまたいで活動するスタイルは日本においては非常に貴重な存在。


卓越したテクニックと音楽センス、そしてヴィンテージ機材に精通しており、様々なサウンドを巧みに使いこなすことができるアーティストなのがYANCY。
その実力は、これまで共演したり、バック・ミュージシャンとして携わってきたアーティストの数とネームが物語っていると思います。

レコーディング及びツアーサポートワーク抜粋
関ジャニ、椿屋四重奏、八代亜紀、手嶋 蒼、植村花菜、ボニーピンク、サスケ、soul bossa trio、アン・サリー、CARAVAN、LEYONA、noon、ヨコタススム、ALEX、分山貴美子、YAYOI、斉藤花、SOWAN SONG、おおはた雄一、有里知花、ワタナベイビー、黒沢秀樹、大木彩乃、TAYLOR、バンバンバザール、mooney
共演:細野晴臣、スガシカオ、Dr JOHN、忌野清志郎、永井ホトケ、他多数

書ききれないほどのアーティストから支持されています。

様々なジャンルの音楽を巧みに操ることができるのが彼のアーティストとしての才能でもあります。

そんな様々なジャンルの音楽を奏でるYANCYが今回のElectric Piano Liveのジャンルに選んだのは、
ブラックミュージックやルーツミュージック、そしてクラブミュージック。
ブラックミュージックといってもジャンル的にかなり広いですが、
彼が得意とするブルース、ジャズ、ファンクを中心にプレイをしていきます。




そして、YANCY自身も初めてという、「Electric Pianoのみでのライブ」というのも一つの注目ポイントです。
ヴィンテージの機材に精通するYANCYが、その中でもこだわりの強い楽器がElectric Piano。
今回のライブはRhodes , Wurlitzer , Vintage Vibeという三台のピアノを
楽曲に合わせて弾き分けていくというスタイル。
彼が楽曲アレンジやステージングの中でどのように使い分けるのか、サウンドの特徴と魅力をどのように生かしていくのか、YANCYファンはもちろん、エレピをライブや楽曲作りで使用している方にも
とても興味深いところかと思います。
当日はそのような部分へもYANCYが深く切り込んでいき、プレイはもちろん、YANCY流のエレピ術を解説していただきます。
ご予約の方からは事前にエレピに関する質問やプレイ、アレンジに関する質問、疑問などを承っております。
皆様の気になる質問、疑問にYANCYが直接ステージの上からお答えします!
ライブでありながら、演奏技法やアレンジのクリニックにもなってしまう今回のステージ、
一度のステージで内容盛りだくさんとなるでしょう。
プロのアーティストの生の声を聞くことができる貴重な機会です!
是非お見逃しなく!

YANCYの今回のライブへの意気込みやエレピへの思いをつづったショートインタビューが掲載されている特設ページはこちら↓







お問い合わせフォーム




この記事は2012.06.19 Tuesdayに書かれたものです。
※セミナーは要予約となります。
 定員になり次第予約締切とさせて頂きますので、予めご了承下さい。


6/23(土) Rhodes テクニカルセミナー

この鍵盤の音が出ない。音が濁って聞こえる。
鍵盤が横にぶれて弾きにくい。うまくミュートがかからない。
そんなお悩みを一気に解決!消耗品の交換から簡単な修理まで、

一人1台Rhodesを使用し、本格レクチャー!

【日程】6/23(土) 11:0014:00 / 15:0018:00
【場所】Wurly's!店内
【定員】各枠3名
【料金】4,200円 テキスト配布  必要な工具、部品等はこちらでご用意いたします。
【内容】
・音が出ない鍵盤へのアプローチ(実技:PICK UP交換、ハンダ付け)
・消耗部品の交換(実技:Tineの交換)
・鍵盤タッチへのアプローチ(実技:鍵盤スタック&横ブレの修正)
・ミュートフェルト調整
・ハンマーチップについて
・その他、お悩み相談など

当日は一人1台、練習用のRhodes Stageをご用意!*



6/24(日) Rhodes 構造分析セミナー

鍵盤タッチ、ピック・アップ、サウンド、プリアンプ

年代ごとに様々な変化を遂げてきたRhodes
オリジナルテキストを用いて、細かな構造の違いと

サウンドに及ぼす影響を徹底分析。
理想のRhodesと出会うためのすべてをお教えします!


【日程】6/24(日) 13001500

【場所】Wurly's!店内
【定員】5
【料金】1,500円 テキスト配布
【内容】

・年代別の鍵盤(内部)

・スーツケースのアンプ

・年代による音色

・その他、お悩み相談など



7/14(土) Rhodes チューニングセミナー


エレピファン必見!
Rhodes
の実機を使用した本格チューニングセミナー!
発音構造やチューニング実演、エレピのお悩み相談など、
専門店ならでは、盛りだくさんの内容となっております!


【日程】7/14(土) 11001300 / 15001700

【場所】Wurly's!店内
【定員】各枠3
【料金】3,150円 テキスト配布 ※必要な
工具、部品等はこちらでご用意いたします。

【内容】

・調律の基礎
Rhodes/Vintage Vibeの構造、チューニング方法
・実技:Rhodesを1台チューニング
・その他、お悩み相談など
*当日は一人1台、練習用のRhodes Stageをご用意!*



新セミナー!

8/5(日) Rhodes サウンド・セッティングセミナー


Rhodesのサウンドをあなたの手で操ってみませんか。

「もうちょっとコロッとしたサウンドにしたい。」

「ちょっと歪んだサウンドが好みなんだけど…」

お好みのサウンドへ近づく「もう一歩」を専門店スタッフがレクチャーします!


【日程】8/5(日) 11:00〜13:00 / 15:0017:00
【場所】Wurly's!店内
【定員】各枠3名
【料金】3,150円 テキスト配布  必要な工具、部品等はこちらでご用意いたします。
【内容】
・音色調整の基本、Rhodesの構造
・タインの調整によるサウンドセッティング
・ピックアップによるサウンドセッティング
・その他、お悩み相談等
当日は一人1台、練習用のRhodes Stageをご用意!*


各セミナーへのご予約はこちら↓

予約する



お問い合わせフォーム




この記事は2012.06.14 Thursdayに書かれたものです。
ロバートグラスパー バナー.jpg

こんにちは!
Wurly's!スタッフの柳田です。

本日は6/16(土)に開催します
Electric Piano フレーズ研究〜Robert Glasper(ロバート・グラスパー)〜

ロバートグラスパー DM.jpg

日時:6月16日(土)
時間:13:00〜15:00
場所:Wurly's!地下スタジオ
定員:10名
料金:4,200円 要予約
講師:別所和洋(詳しくはこちら
内容:
Robert Glasper(ロバート・グラスパー)のElectric Pianoによるプレイを、
サウンドを構成している理論やリズムとの関連性など音楽理論に基づき分析。
Electric Pianoのフレーズを作っていく上で必要な理論はもちろん、彼の独特の感性へも迫っていきます。
セミナー内ではVintage Vibe Tine Piano 73keysを使用予定。









こちらのセミナーの見どころやロバート・グラスパーの魅力を、
講師の別所和洋さんにお聞きしました!


lesson_bessho.jpg
こちらが今回の講師、別所和洋氏です。

経歴
大学進学後、ジャズの世界に引き込まれ、その後、日本を代表するジャズピアニスト福田重男に師事。またクラシックを吉田文子に師事。幅広い音楽を吸収し、現在はピアニスト、キーボーディスト、コンポーザーとして幅広い活動を展開。ジャンルの枠に捉われないアーティスト。
コンテンポラリージャムバンド「Yasei Collective」にキーボーディストとして参加、2011年マインズレコードよりCDデビュー。

プロの鍵盤奏者でもあり、コンポーザーとしても活躍している方です。

別所氏に質問をしてみました。

1.今回のセミナーの内容を大まかにお願いします。

ロバート・グラスパーのセッションの動画を研究し、彼のフレージング、コードプログレッション、リズミックアプローチ、曲の構築などについて研究します。グラスパーのフレージングは、リズム的にも調性的にも複雑で、なかなか拾いずらいのですが、コピー譜を作成し、理論的に分析したいと思っています。また、パネラーには、ジャズ、ヒップホップなどに造詣の深いドラマー、松下マサナオ氏を迎え、バンド全体のサウンドについても言及しようと思っています。 



2.別所さんが彼のフレーズに魅力を感じる部分はどこなのでしょうか。

.ロバート・グラスパーの魅力は、調性を縦横無尽に往き来する知性と、黒人ならではのリズム感やフィジカル、その二つが融合している点だと思います。黒人のジャズピアニストといえば、アートテイタムや、エロールガーナー、オスカーピーターソンなどテクニックを全面に出したピアニストが目立ちますが、彼らと一線を画す知性が彼を現代最高峰のピアニストたらしめている要因だと感じています。 



3.別所さんがフレージングを作り上げるうえで大切にしている事は何ですか。 

私がフレーズを考えるうえで大切にしているのは、自分のなかでの整合性です。例えば、ジャズではアウトしたフレージングをすることがしばしばありますが、ただ単に調性から外れるのではなく、自分のなかで整合性のあるアウトの仕方をしたほうが、音楽的に聴こえるように思います。 

非常に興味深い内容のセミナーになりそうです。
そして彼もまた、グラスパーのサウンドに魅了された一人なのです。



ここで、またしても
わたくしが感じた事を徒然なるままに書いていこうと思います。
お付き合いください。

ロバート・グラスパーのサウンドで驚かされたのは
リズム、特にドラムとの調和です。
「独特のリズム」という一言で括ってしまうのは簡単なのですが、
「独特」の中にも、彼の頭の中で計算されたリズムとスケール、サウンドが
繰り広げられているのです。
ですが、計算だけで構築されたサウンドではなく、
それを崩していく方法に彼の感性が存分にちりばめられている。
私はそれを「Robert Glasper Trio」のサウンドを見て、思わず食い入るように見てしまいました。

彼のエレクトリック・ピアノを演奏している写真や動画を見てみると、
アコースティック・ピアノと共にRhodes Stage Mark2をプレイしている姿をよく目にします。
わたくしは彼の様々なサウンドを聞いて、彼のようなプレーヤーだからこそMark2なのだ、
と納得してしまいました。
それは、彼のような感性と知性を兼ね備えたプレーヤーであれば、
Mark2の粒立ちがはっきりとしたサウンドに、様々な表情をつけることができると感じたからです。
Mark2はその粒立ちの良いサウンドのため、ブライトな音色が広がります。
それがMark2の個性でもあり、POPSなどの様々なミュージックシーンでその実力を如何なく発揮してきました。

ですが、ロバート・グラスパーのサウンドはジャズ、そしてHIP・HOP。
そのブライトなサウンドが楽曲の雰囲気を壊してしまうのではないか…といった心配が頭をよぎりましたが、それは余計なものでした。
彼はMark2のブライトなだけではないダークなサウンドを巧みに使い分け、
様々な表情を見せてくれるのです。
そしてそれが「人間の表情」のように、
笑ったり、泣いたり、怒ったりしているように感じられるのが彼の凄味なのだと思います。

そのサウンドの使い分けを可能にしているものは何なのか。
それが彼にしかできないスケールへのアプローチやコード進行といった「フレージング」の技術なのだと私は感じました。
それは計算されたものと感性から生まれるもの…その二つが折り重なっているからこそ、
彼のフレーズは複雑であり、それでいて技巧だけではない、惹きつけられる魅力があるのです。
彼のフレーズはどのようにして生まれてくるのか。
彼の頭の中はどのようになっているのか。

それをこのセミナーで私も研究したいと思います。

またしても、熱く語ってしまいましたが、、、お恥ずかしいです。。。(笑)

ご興味のある方は是非。
まずは
Robert Glasper Trio」で検索してみてください。

ロバートグラスパー バナー.jpg


日時:6月16日(土)
時間:13:00〜15:00
場所:Wurly's!地下スタジオ
定員:10名
料金:4,200円 要予約
講師:別所和洋(詳しくはこちら
内容:
Robert Glasper(ロバート・グラスパー)のElectric Pianoによるプレイを、
サウンドを構成している理論やリズムとの関連性など音楽理論に基づき分析。
Electric Pianoのフレーズを作っていく上で必要な理論はもちろん、彼の独特の感性へも迫っていきます。
セミナー内ではVintage Vibe Tine Piano 73keysを使用予定。





お問い合わせフォーム




この記事は2012.06.03 Sundayに書かれたものです。
 
こんにちは!スタッフの和田です


先日、Rhodes構造分析セミナー第二回目が行われました♪



画像 004.jpg
スタッフ手作りのこちらのテキストを見ながら進行されましたよ★





セミナーは店内で行われました。

実際のパーツや実機を見ながら、触りながら、鳴らしながら進めていくので
本やネットなどで見て個人で勉強されるよりもより分かりやすいんではないかと
思います

本物を見ないと分からないことはいっぱいありますよね!私も実際に触って見て確かめながら
Rhodesの色々を覚えました。




こちらは年代別の鍵盤の違いについて話しているところです。
Wurly's!には鍵盤はたくさんありますので、色々な種類を見ながら勉強しています。


並べてみました.JPG
この4つは全てタイプが違うものです。





私が見る限り、ホワイトボードはあまり使ってないように見えます(笑)
いつも、手にパーツなどを持って説明しているので書く手が無いという感じです(笑)



神部さん.JPG

こちらは前回のセミナー時の様子です。
音の違いを聞いていただいています。


勿論最後にはペーパークラフトもプレゼント


皆さん頑張って作ってくださいね!!(笑)


セミナーが終わった後は、いつも自然と質問タイムに突入します
もはや恒例の光景です。
皆さん疑問に思ったことや、ご自分のピアノについて熱心に質問
されていました!!

こちらのRhodes構造分析セミナーテキストは初心者の方でも
理解できるような初歩のことから、マニアックなことまで書かれています^^

しかしながら、こちらのセミナーを受けながら聞くことで、テキストには細かすぎて
書かれていないようなことまで聞くことができるので、受講者の方はそれぞれ自分なりに
テキストに書き込みをして自分だけのテキストを作っていらっしゃいました♪

前回受講されたお客様は、自分なりに年代別表などを作ってパーツによる違いなど、分かりやすく書かれていて驚きましたスタッフも真剣に聞いてくださって大変喜んでおりました。

これでこれからも益々Rhodesについて詳しいお客様が増えますよね!!
私も付いて行けるように一生懸命勉強しなくてはいけません…!(笑)


今後も様々なイベントやセミナーなど盛り沢山ですので、
何か気になった方は、お気軽にお問い合わせください♪♪♪






中古 Vintage Piano (ヴィンテージ ピアノ) 、
Rhodes(ローズ)、Wurlitzer(ウーリッツァー)のことならお任せください。
在庫多数取り揃えております。

レストア、修理、メンテナンス、パーツ販売、買い取り、下取り
なんでもご相談ください。

お問い合わせはこちらまで

宮地楽器 エレクトリック ピアノ ガレージ Wurly's!
Tel : 03-5256-8181
Web : 
http://www.miyaji.co.jp/Wurlys/
お問い合わせフォーム
https://www.miyajimusic.com/form/PCForm.php?a=81&j=FJ_N_wurlys_ite




お問い合わせフォーム




この記事は2012.04.22 Sundayに書かれたものです。
お久しぶりです。
Wurly's!スタッフの和田です

4月21日(土)、22日(日) 宮地楽器Wurly's!では
Rhodesチューニングセミナー、Rhodesテクニカルセミナーが行われました。

今回でチューニングセミナーは3回目、テクニカルセミナーは2回目を迎えました。
みなさん続々と技術を身につけていっています!


21日はチューニングセミナーが行われました。
講義では、Rhodesの発音構造について説明がありました。
Rhodesを一人一台使っての実践コーナーでは、チューニング専用の道具を使い行っていただきました。
CIMG1761.JPG
これはチューニング講座が終わって購入して帰る方多数の優れものです!(笑)

この便利な道具を使ってのチューニングですが、皆さんさすがはピアニストです。持ち前の手先の器用さと集中力で難しいチューニングをこなしていました!
私は力が足りずまだまだなので、尊敬いたします!


そして22日はテクニカルセミナーが行われました。
実践コーナーはピックアップ交換・トーンジェネレーター交換・ミュートフェルトの調整と
盛り沢山の内容ですので、今回はいつものように講義を終えてからの実践ではなく、講義→実践、講義→実践という順番で進行されました。
慣れないハンダごてを使っての作業もありましたが、皆さんとても器用に修理していました。
この技術を身につけていれば急なトラブルにも安心ですよね!自分ですぐに修理できてしまいます。
ライブなどでお使いの方は是非身につけておいてほしいですね。


Wurly's!のセミナーはとてもアットホームな雰囲気で経験談やたくさんの質問を織り交ぜながらとなっています。受講者の方は、少しの疑問でもその場ですぐ解決できる点がとても気に入ってくださっているようです。

これからもどんどん開催していく予定ですので、皆さん是非一度参加してみてください
それから夏に向けて、イベントも続々企画中です!
エレピファンのみなさんのご参加をお待ちしております!!

それではみなさん気温差が激しい日々ですが、お体にお気をつけてお過ごしください





中古 Vintage Piano (ヴィンテージ ピアノ) 、
Rhodes(ローズ)、Wurlitzer(ウーリッツァー)のことならお任せください。
在庫多数取り揃えております。

レストア、修理、メンテナンス、パーツ販売、買い取り、下取り
なんでもご相談ください。

お問い合わせはこちらまで

宮地楽器 エレクトリック ピアノ ガレージ Wurly's!
Tel : 03-5256-8181
Web :
http://www.miyaji.co.jp/Wurlys/
お問い合わせフォーム
https://www.miyajimusic.com/form/PCForm.php?a=81&j=FJ_N_wurlys_ite

お問い合わせフォーム




この記事は2012.04.20 Fridayに書かれたものです。
Rhodes / Vintage Vibe  チューニングセミナー

CIMG1584.jpg

エレピファン必見!
Rhodesの実機を使用した本格チューニングセミナー!
発音構造やチューニング実演、エレピのお悩み相談など、
専門店ならでは、盛りだくさんの内容となっております!


【日程】4/21(土) 11:00〜13:00 / 16:00〜18:00
【場所】Wurly's!店内
【定員】各枠3名 
【料金】3,150円 テキスト配布
※必要な工具等はこちらでご用意いたします。
【内容】
・調律の基礎
・Rhodes/Vintage Vibeの構造、チューニング方法
・実技:Rhodesを1台チューニング
・その他、お悩み相談など

当日は一人1台、練習用のRhodes Stageをご用意!

ご予約はこちら!









Rhodes テクニカルセミナー

CIMG1588.jpg

この鍵盤の音が出ない。音が濁って聞こえる。
鍵盤が横にぶれて弾きにくい。うまくミュートがかからない。
そんなお悩みを一気に解決!消耗品の交換から簡単な修理まで、
一人1台Rhodesを使用し、本格レクチャー!

【日程】4/22(日) 11:00〜14:00 / 16:00〜19:00
【場所】Wurly's!店内
【定員】各枠3名
【料金】4,200円 テキスト配布
※必要な工具、部品等はこちらでご用意いたします。
【内容】
・音が出ない鍵盤へのアプローチ(実技:PICK UP交換、ハンダ付け)
・消耗部品の交換(実技:Tineの交換)
・鍵盤タッチへのアプローチ(実技:鍵盤スタック&横ブレの修正)
・ミュートフェルト調整
・ハンマーチップについて
・その他、お悩み相談など


当日は一人1台、練習用のRhodes Stageをご用意!

ご予約はこちら!



どちらも人気のセミナーのため、予約が混雑してしまうことがございます。
ご予約はお早目に!





中古 Vintage Piano (ヴィンテージ ピアノ) 、
Rhodes(ローズ)、Wurlitzer(ウーリッツァー)のことならお任せください。
在庫多数取り揃えております。

レストア、修理、メンテナンス、パーツ販売、買い取り、下取り
なんでもご相談ください。

お問い合わせはこちらまで

宮地楽器 エレクトリック ピアノ ガレージ Wurly's!
Tel : 03-5256-8181
Web :
http://www.miyaji.co.jp/Wurlys/
お問い合わせフォーム
https://www.miyajimusic.com/form/PCForm.php?a=81&j=FJ_N_wurlys_ite

お問い合わせフォーム




この記事は2012.03.11 Sundayに書かれたものです。


 初めまして!新しくWurly'sスタッフに仲間入りしました和田と申します
これからよろしくお願いします!

さて昨日、本日の二日間はWurly's!にて【Rhodesテクニカルセミナー】が行われましたのでその様子をレポートさせていただきます。

当店のセミナーでは実際にRhodesピアノを触っていただきながら勉強してただけるのが特徴です。

今回の内容はこちらです!
   テクニカル画像.jpg


主にこの3つを実技として行ってもらいました。
・PICK UP交換、ハンダ付け
・Tineの交換
・鍵盤スタック&横ブレの修正


まずは簡単な座学から始まりました。
参加者一人一人に当店スタッフの手作りのテキストを配布しています

CIMG1669.JPG

トラブルシューティングや簡単な修理についての話などが行われました。
ピックアップが断線した場合の対処法や、ハンマーチップについての話、
そこから生まれてくる疑問やお悩みなど。
皆さん納得されましたでしょうか…!


座学が終わるといよいよお待ちかねの実技に入ります


さて、実際に調子の悪い部分を直します!
CIMG1685.JPG


ハンダ付けをしている様子です。
ハンダ付けにもコツなどありますので、スタッフによるレクチャーの後に実践していただいています。
CIMG1682.JPG


こちらはTineの交換を行っています。
難しいようで意外に慣れれば簡単に出来る作業です。
CIMG1676.JPG


皆さん作業に熱中!!
本当に熱くなって作業されていました。
自分の修理によって実際にきれいな音が出るようになって、本当に感動されたと思います

第一回目の【Rhodesテクニカルセミナー】はいかがでしたでしょうか。

今回定員オーバーの為参加出来なかった方々、大変申し訳ありませんでした。
これからも第2回、3回と行っていきますので是非参加して下さい!

更に前回行った【チューニングセミナー】や、その他にも役に立つセミナーをたくさん企画中ですので、皆さん是非いらして下さいね!
些細な疑問から、マニアックな質問までたくさんのお悩みが解決される機会でもあります。

次回のセミナーのお知らせは当ブログでもご案内致しますので、こまめにチェックお願いします




中古 Vintage Piano (ヴィンテージ ピアノ) 、
Rhodes(ローズ)、Wurlitzer(ウーリッツァー)のことならお任せください。
在庫多数取り揃えております。

レストア、修理、メンテナンス、パーツ販売、買い取り、下取り
なんでもご相談ください。

お問い合わせはこちらまで

宮地楽器 エレクトリック ピアノ ガレージ Wurly's!
Tel : 03-5256-8181
Web :
http://www.miyaji.co.jp/Wurlys/
お問い合わせフォーム
https://www.miyajimusic.com/form/PCForm.php?a=81&j=FJ_N_wurlys_ite

お問い合わせフォーム




| main |


  • dekoni audio
  • isovox
  • cla10